Book a demo

July 2019

IoTデータのケース作成

IoT (モノのインターネット)に対応しているコネクテッドカーなどのデバイスがますます一般的になるにつれ、無限のユースケースで膨大な量のデータが生成されます。IoT SIMが組み込まれているデバイスそれぞれが、POIデータ(興味・関心の高い位置情報)となります。CDR (呼詳細レコード)やSMS (ショートメッセージサービス)のデータセットレコードでさえも、時間、位置、接続状態、ネットワークの品質、種類(3G、4G、最近では5G)などの情報や利用者に関連付けられたサービス記述メタデータを提供しているのです。

車両からのテレマティクスなどSIM接続を利用して転送でき、GeoSpockの最先端の巨大空間データプラットフォームを利用して独自のインサイトを得て他のデータセットと統合できる、他のデバイス依存データタイプも多数あります。

多くの使用例と、IoTデータと関連付けされたユースケースの中からいくつかを以下に挙げます。

スマートシティ管理

イギリスの人口は増え続けており、昨年で40万人も増加しました。その結果、都市部は以前にも増して混雑しており、より効率性を上げ、市民の生活を改善するためにはスマートシティ技術が不可欠です。

IoTデータは、渋滞や道路上の問題を把握するのに使用され、自動で修繕スケジュールを計画するのと同様、交通の流れを保つために車両の走行ルートを即座に変更することができます。また、データインサイトはエネルギー使用の管理や公害を最小限に留めることにも使われます。例えば、交通量が少ないもしくは全くないことを検出し、信号機の明かりを自動で暗くします。さらに、IoTデータはごみ収集の最適化にも使用されます。インサイトを実行し渋滞場所やピーク時を避けることで、走行費用や燃料消費を最小限に抑えることができるのです。

マイクロ気象予報

天気は、少し距離があるだけでも全く違うことがあります。つまり、地域ごとの気象予報では、窓の外の実際の天気とは合っていないことがよくあるということです。

IoTデータは、マイクロセル気象予報用のインプットの1つとして使われ、SIMとセルタワー間の電磁波の電力レベルを使用し、より細かい区域のリアルタイム気象情報を提供します。その後、この情報はテレマティクスのように他のデータセットと組み合わされ、その区域にある車がライトを付けているか、またはワイパーを使用しているかなどをの情報を手に入れ、より完璧な気象情報を確立させます。

配達サービスの合理化

配達産業は低コストでより良いサービスの提供を常に模索しています。IoTデータはその実現のために必須なインサイトを提供することができます。IoT SIMが配達車両に備え付けられると、それぞれが移動中のPOIデータとなり、そのルートが正確に決定されます。

配達業者はドライバーの走行ルートを分析し、平均配達時間、滞留時間、配達間の距離を計算することができます。複数のドライバーが同時間に同地域にいるときは密度分析が有効であり、追加データセットにより配達されたかどうかを明らかにします。この全ての情報が統合され、パターンを確立し効率性向上のために走行ルートを最適化することができるようになります。

車両管理サービス

テレマティクスのフォーム内でSIM接続によって得られたエンジン管理と車両使用情報により、有意義なインサイトと共にOEM (相手先ブランド製造)が自動で手に入れられ、新しいデータドリブンサービスも提供できるようになります。

テレマティクスは、リアルタイムの予測と診断メンテナンス、総工費用、燃料費、バッテリーレベル、タイヤ圧およびオイルや冷却水の量などのエレメントのリモート監視を可能とします。これはまた、ドライバーに責任ある車両使用を促し、車両保険などに必要な情報を収集するのにも有効です。OEMはデータを使用し、ディーラーの位置情報や承認済みの修理店などのPOIデータにレイヤーを重ねることにより、顧客に位置情報に基づいたサービスを提供できます。

お問い合わせ

GeoSpockの巨大空間データプラットフォームによるデータ内でのインサイトの開放方法の詳細、または製品デモをご覧になりたい場合は、お問い合わせください。担当者からご連絡差し上げます。

Back to ブログ