Book a demo

February 2019

GeoSpockが先駆けて新空間ビッグデータプラットフォームを立ち上げ

コンテクスチュアルな知能のより合わせ、および唯一無二の空間ビッグデータインサイトのデータ接続

イギリス・ケンブリッジ – 2019年2月26日 – 解析情報、ビルドインサイトの提供および時空間にわたる想定を可能にする、超巨大空間ビッグデータインテグレーション会社GeoSpock®が、隠されたデータインサイトを明らかにするステークホルダーと変化し続けるビジネス決定を有効にする空間ビッグデータプラットフォームの立ち上げを発表した。

空間ビッグデータ解析

空間ビッグデータプラットフォームは、GeoSpockのスイート製品を単一化したもので、巨大な地理空間スケールと超効率的なデータ取得という同じ機能を、アクセスし易くユーザーフレンドリーなやり方でクライアントに提供している。IoTエンドポイント市場とマシンツーマシン(M2M)経済からの反動によるデータの増加により、このプラットフォームは、解析、管理そしてこのデータの調査により、想定される今後のシナリオおよびリアルタイムデータとユーザーを管理するインサイトと共に決定者の後押しを行う。

GeoSpockは、ペタバイトレベルのデータ上でのクエリにこの空間ビッグデータプラットフォームを使用することで、今後の事業収益のために、機能をより深く掘り下げて分析することができる。このプラットフォームのデータ管理機能では、取込前にデータをプレビューすることで最適化された性能を確かめられるため、ユーザーエクスペリエンスをも改良していると言える。

さらにこのプラットフォームは、複数のデータセットを集めることで隠されたパターンを発見し、迅速なビジネスインパクトを可能にすることで、事業が自身のデータを検索および可視化できるようにしている。

GeoSpockの代表取締役、Richard Baker (リチャード・ベイカー)はこう言っている。「GeoSpockの空間ビッグデータプラットフォームは、今までにない世界初のものであり、データ解析とGeoSpockの技術ノウハウを牽引する革命的な前進です。このプラットフォームによって、自動車業やIoE (インターネットで全てのものをつなぐという考え方)を含む産業の事業牽引者は、最先端のデータ接続を使ってコンテクスチュアル知能を示すことができるようになります。私たちは、あらゆる企業が未開発のデータアセットから価値のあるインサイトを得て、その産業の第一線になるように、お手伝いできることを楽しみにしています。」

GeoSpockは、自動運転車両の管理を含む未来の移動型アプリケーションへの電力供給と同様に、スマートシティやIoEなどの次世代のインフラストラクチャーの中心となる標準処理エンジンとなることを目指している。GeoSpockの革新的なデータエンジンを使えば、わずか1秒未満で膨大なコンテクスチュアルデータを解析することができる。

Back to ニュース